雲が描いた月明りキャストまとめ|見どころやあらすじ、相関図も完全網羅!

引用:Amazon

この記事では2016年放送のドラマ『雲が描いた月明り』のキャストや見どころ、あらずじ、相関図についてまとめています。

ゆき

世子と男のフリをした女の子の恋の物語よ!胸キュン必須!

雲が描いた月明りのキャスト&登場人物一覧

キャスト役名役の紹介
パク・ボゴムイ・ヨン聡明で好奇心旺盛な世子。イタズラス好きでいつも家臣を困らせているが優しい心の持ち主。男だとは思いながら、内官のサムノムに惹かれていく。
キム・ユジョンホン・ラオン/ホン・サムノム事情があり幼い頃から男を装いながら生きてきた。恋愛カウンセラーをしながら生計を立てていたが、借金取りに売られ宮中で内侍になる。
ジニョンキム・ユンソンヨンの幼馴染だが、今の関係は微妙。画才があり、女性の扱いにも慣れている。ラオンが女性であることにいち早く気づく。
クァク・ドンヨンキム・ビョンヨン常にヨンと行動を共にし、命懸けで護衛する。ヨンが唯一信頼し、本音を語れる相手。
チェ・スビンチョ・ハヨン朝廷の重臣の娘。街で見かけたヨンに一目惚れし、婚姻を望んでいる。
チョン・ヘソンミョンウン王女食べることが大好きでぽっちゃり体型。両班に恋していたが失恋する。

雲が描いた月明りの相関図

引用:BSフジ
ひろき

ユジョンちゃん、やっぱりかわいい。

雲が描いた月明りの見どころ&ストーリー

見どころ

現実では果たせなかった愛と青春のストーリー

ヨンのモデルとされているのは、朝鮮王朝第23代王・純祖(スンジョ)の嫡男である孝明(ヒョミョン)世子。イ・サンこと正祖(チョンジョ)の孫にあたる人物です。

実際には、わずか20歳でこの世を去っており「早世した若き王子」として歴史に刻まれています。

タイトルの“雲”は民や百姓を、“月明り”は君主を表していて“民衆たちの意思で作り上げた君主”の意味が込められているそうです。

ユンソンの魅力

ラブストーリーに欠かせない“第2の男”!決してヒロインと結ばれる運命にはないものの、展開を盛り上げてくれる欠かせない存在ですよね?!!

ラオンをいつも一歩離れたところから見守り、何かあるとさりげなくフォローするユンソンの優しさに、心を打たれること間違いなし!

ゆき

役と分かっていても、こんな素敵な彼には是非幸せになって欲しいと思ってしまう…。

ストーリー

幼い頃から男装して生きてきたサムノムことラオン(キム・ユジョン)は、恋愛相談の専門家。

ある日、「自分の代わりに恋する女性に会ってほしい」という男性の依頼をしぶしぶ引き受けるが、その相手とは一国の姫であるミョンウン公主だった。

ミョンウン公主の兄で皇太子のイ・ヨン(パク・ポゴム)は妹に恋文を送る男の正体を突き止めるため、ラオンの前に姿を現す。

驚いたラオンはヨンを落とし穴に置き去りにして逃げ出すが、借金のカタに内官として宮殿に売られ、ヨンと再会してしまう。

やがて皇太子に仕えることになったラオンは、ヨンの正体を知ることに。ヨンはラオンが女性であることを知らないまま、友情を超えた絆を感じるようになっていく。

一方、朝廷の権力者キム・ホンの孫であるキム・ユンソン(B1A4ジニョン)はラオンが女性であることを即座に見抜き、彼女に惹かれていく。

幼なじみでもあるヨンとユンソンは、ラオンをめぐって三角関係に陥るが…!?

引用:Amazon

その他の記事をCHECK!