【完全版】トンイキャスト&登場人物|見どころやストーリーも網羅!

  • URLをコピーしました!
なつき

2010年放送の韓国ドラマ『トンイ』のキャスト&登場人物の他、見どころやストーリーについてまとめていくわ。

トンイの人物で気になる人がいたら要チェックよ!!

目次

トンイのキャスト&登場人物

なつき

トンイに登場するキャストと登場人物一覧よ。キャスト名をクリックすると、その俳優のプロフィールに飛ぶから合わせて見ていってね!

キャスト役名役の説明
イ・グァンスヨンダル役掌楽院の楽師
イ・ゲインオ・テプン役掌楽院の目付け役、オ・テソクの弟
イ・ソノ(イ・ソンホ)ヨニン君、英祖役朝鮮王朝第21代王、トンイの息子
イ・ヒドファン・ジュシク役掌楽院の直長
キム・ドンユンシム・ウンテク役両班
キム・ユソクチャン・ヒジェ役禧嬪の兄
クォン・ヘソン(クォン・ミン)ステク役チャン・ヒジェの部下
シン・グクチョ・サソク役都承旨(トスンジ)、南人派
チ・ジニ肅宗(スクチョン)役朝鮮王朝第19代王
チェ・ジョンファンチャン・ムヨル役漢城府庶尹
チェ・チョルホオ・ユン役漢城府庶尹、オ・テソクの甥
チョン・インギキム・ファン役占い師
チョン・ウンピョケドラの父役
チョン・ジニョンソ・ヨンギ役捕盗庁(ポドチョン)の従事官
チョン・ソンウンチェ・ドンジュ役トンイの兄、掌楽院の楽師
チョン・ドンファンオ・テソク役漢城府左伊、南人派
チョン・ホジンチェ・ヒョウォン役トンイの父、剣契の頭
パク・キルスファン武官役捕盗庁の役人
ペ・スビンチャ・チョンス役剣契(コムゲ)の頭
ペ・ソンウカン・ジョンヒョク役義禁府の軍官
メン・サンフンキム・グソン、雲鶴(ウナク)役クムの師匠
ヨ・ヒョンスケドラ役トンイの幼なじみ
ヨ・ホミンオ・ホヤン役オ・テプンの息子
アン・ヨジンチョ尚宮(サングン)役禧嬪の尚宮
イ・スクパク氏役オ・テプンの妻
イ・ソヨン張禧嬪(チャンヒビン)役肅宗の側室(王妃)、景宗の母
オ・ウノシビ役監察府の女官
オ・ヨンソ仁元(インウォン)皇后役肅宗の継室
キム・ヘソンチョン尚宮(サングン)役監察尚宮
キム・ユジョントンイの少女時代役
チャン・ソヨンクモン役ソリの友人
チョン・ユミチョンウム役監察府の女官
パク・チョンス明聖(ミョンソン)皇后役粛宗の母、大妃
パク・ハソン仁顕(イニョン)王后ミン氏役肅宗の継室
ハン・ヒョジュトンイ/淑嬪(スクビン)チェ氏役肅宗の側室、英祖の母

トンイに登場する歴史上人物

なつき

トンイに登場する歴史上重要人物を紹介していくわね。

朝鮮王朝19代王・粛宗

朝鮮王朝19代王・粛宗(スクチョン)の名刺カード
  • 王権強化の裏で女性問題を抱えた王
  • トンイと悪名高きチャン・ヒビンを妻に持つ
  • 息子は第20代王・景宗、第21代王・英祖
  • 詳しいプロフィールはこちらから
粛宗

張禧嬪(チャン・ヒビン)

張禧嬪(チャン・ヒビン)の名刺カード
  • 本名は張玉貞(チャン・オクチョン)
  • 「朝鮮三大悪女」の一人
  • 第19代王・粛宗に寵愛され側室から王妃にまで上り詰める
  • 息子は第20代王・景宗
  • 詳しいプロフィールはこちらから
禧嬪張氏

淑嬪崔氏(スクピンチェシ)

淑嬪崔氏(スクピンチェシ)の名刺カード
  • 最下層の身分から第19代王・粛宗の側室になる
  • 第21代王・英祖の母
  • ドラマ『トンイ』の主人公
  • 詳しいプロフィールはこちらから
淑嬪崔氏

仁顕王后閔氏(イニョンワンフミンシ)

奪われた国母の座に返り咲いた粛宗の正室
19代王・粛宗の2番目の王妃だが、粛宗の寵愛は禧嬪張氏に集中し、虚弱な閔氏は疎外された。1689年の政変である己巳換局(キサファングク)で閔氏は廃妃に追い込まれ、張氏が王妃の座に就く。だが、張氏と南人派の横暴が過ぎ、甲戌換局(カプスルファングク)で閔氏が復位。王妃に戻った閔氏は、側室に降格となった張氏との対立のさなか、廃妃時代の無理がたたり、復位7年、34歳でこの世を去った。

韓国時代劇で学ぶ人物大辞典

帳希載(チャンヒジェ)

妹のおかげで出世するが死罪に
19代王・粛宗の時代の武臣。妹の禧嬪張氏が粛宗の寵愛を受けるようになると、その恩恵にあずかり、王の親衛隊を総括する禁軍別将(組むグンビョルチャン)に。妹が正妃になり帳希載も高官に昇格する。ところが、復位した仁顕王后閔氏の死が張氏の呪詛によるものだとされ、帳希載の関与も疑われ済州島へ配流。1701年に死刑となった。ドラマでは、妹の威を借りて悪事を働く人物として登場する。

韓国時代劇で学ぶ人物大辞典

朝鮮王朝20代王・景宗

朝鮮王朝20代王・景宗(キョンジョン)の名刺カード
  • 母は「朝鮮三大悪女」の一人、張禧嬪
  • 世子になるも異母弟の英祖が誕生すると状況が一変
  • 世継ぎもなく在位わずか4年で急死
  • 詳しいプロフィールはこちらから
景宗

トンイの相関図

トンイの見どころ&ストーリー

トンイのクレジット(監督・キャスト)
監督:イ・ビョンフン、キム・サンヒョプ
主演・出演:ハン・ヒョジュ、チ・ジニ
初公開:2010年
エピソード数:全60話

見どころ

イ・サンの祖父で、朝鮮王朝第21代王・英祖(ヨンジョ)の母でもある淑嬪崔(スクピンチェ)氏(=トンイ)の波乱の生涯を描いた物語。最下層の身分にあったトンイがその英知と行動力で国王の母にまで上り詰めるストーリーはエンターテインメント作品としても最上級。

ハン・ヒョジュ(トンイ)がおてんばでちょっと危なっかしい少女時代から、王の側室となり、その後党派争いから我が子を守り抜こうとする強くたくましい母となるまでを爽やかに演じきっている。

ストーリー

朝鮮王朝第19代王・肅宗(スクチョン)の時代。賎民の秘密組織「剣契(コムゲ)」のリーダーだった父ヒョウォンと兄が無実の罪で処刑され、天涯孤独となったトンイ。彼女の事件の鍵を握る女官を捜しだし、父と兄の汚名をそそぐため宮中に入ることを決意する。

6年後、掌楽院(チョンアゴン)の奴婢として成長したトンイは、ようやくその女官を突き止めるが、それは肅宗の側室オクチョンだった。そんな矢先、好奇心旺盛なトンイはある事件を追っている最中、両班姿の男性と出会い協力を求める。

まさかそれが王だったとは知らずに気軽に接するトンイに、肅宗は惹かれ始める。その後、監察府の宮女に取り立てられたトンイは、思いも寄らない人生を歩むことに。

ドラマ「トンイ」作中でよく耳にする用語辞典

なつき

他の時代劇ドラマでよく耳にする単語も多いから、覚えておいて損はないわよ!

スクロールできます
用語意味
掌楽院(チャンアグォン)李氏朝鮮の朝廷で儀式などでの音楽の演奏を担当する部署
都承旨(トスンジ)王命の伝達と王への報告を行う官庁の長官
漢城府(ハンソンブ)都の行政・司法を担当する官庁
捕盗庁(ポドチョン)李氏朝鮮の成宗代から中宗代にかけて創設された、漢城府及び京畿道の警察業務を担当する部署
義禁府(ウィグムブ)重罪人を取り調べる官庁
監察府(カムチャルブ)女官を取り締まる部署
正室高貴な人物の正式な妻
側室本妻以外の公的に認められた側妻や妾にあたる女性
継室最初の正室との死別や離婚を受けての当主の正式な再婚により迎えられた後妻

トンイのOST

  1. Overture/イム・セヒョン
  2. 青雲祭り/イム・セヒョン
  3. チョネジア/チャン・ナラ(トンイと言えばの名曲)
  4. 戀戀/イム・セヒョン
  5. RedWind/イム・セヒョン
  6. DuskyEyes/イム・セヒョン
  7. 愛別離/イム・ヒョンジュ
  8. Longing/イム・セヒョン
  9. 風のあと/イム・セヒョン
  10. 花酔い/イム・セヒョン
  11. 愛月浪/チャン・ユンジョン
  12. 念海/イム・セヒョン
  13. 花聯堂/イム・セヒョン
  14. イェオラジ/イム・セヒョン
  15. 明賢/イム・セヒョン
  16. The Returns of Destiny/イム・セヒョン
  17. 芙蓉花/イム・セヒョン
目次
閉じる