崔瑩(チェヨン)|李成桂と対立し高麗に全てを捧げた真の英雄

この記事では、私欲を捨て高麗に全てを捧げた真の英雄であり李成桂と対立した崔瑩についてまとめています。

・崔瑩ってどんな人なの?
・ドラマ『シンイー信義ー』でイ・ミンホが演じていて気になった!
・これまで悪役のイメージが強かったけど実際はどうだったの?

ゆき

こんな疑問に答えていくよ!

ドラマ『シンイー信義ー』で若き日の崔瑩に扮したイ・ミンホが注目され、これまでの悪役としてのイメージが大きく覆されるきっかけとなりました。

朝鮮王朝を建国した初代王・李成桂(太祖)と対立しながらも崔瑩が守りたかったものとは一体なんだったのでしょうか。

そこで今回は、『崔瑩(チェヨン)|李成桂と対立し高麗に全てを捧げた真の英雄』と題しご紹介していきます。

この記事で分かること
・崔瑩のプロフィール
・崔瑩の生涯ストーリー
・崔瑩の登場する作品一覧

崔瑩(チェヨン)のプロフィール

引用:U-NEXT ドラマ『シンイー信義ー』でイ・ミンホが演じた崔瑩
名前崔瑩(チェヨン)
生没年1316年〜1388年

略年表

1316年崔元直の息子として誕生する。
1355年高麗31代王・恭愍王(コンミンワン)の命で、鴨緑江西域の軍事基地を元から奪還する。
1359年〜1361年高麗に侵攻した紅巾軍を2度にわたり撃退する。
1374年済州島の元の残党を中心にした反乱を鎮圧する。
1388年遼東征伐を強行する。威化島(ウィファド)回軍に成功した李成桂に捕らえられ配流となり、死罪となった。

豆知識①紅巾賊(軍)とは
元末期に河北省で起きた反乱軍を指す。目印として頭に紅い布を巻いていたことから紅巾賊と呼ばれるようになった。明を興した朱元璋(しゅげんしょう)も紅巾賊から頭角を現し、やがて元を滅ぼした。

史実では

幼少時より力が強かったとされ、倭寇討伐や反乱の制圧で名を馳せる。


1355年、恭愍王の命で元に占領されていたかつての領土を奪還した。この時、ともに戦ったのが、李成桂とその父・李子春(イジャチュン)である


1359年と1361年には紅巾軍を撃退、その後も済州島で元の残党を鎮圧するなど、名将の名をほしいままにしました。


ところが元に代わって台頭した明は1388年、鉄嶺以北の地はもともと元が管轄していたとして、そのまま自国の領土とする旨を一方的に通告。


これを受けて、王禑(ウワン)と崔瑩は李成桂、曹敏修(チェミョンス)に遼東地域の征伐を指示するが、李成桂は強硬に反対する。


その理由として四不可論(サブルカロン)を唱えたが、崔瑩は遼東征伐を強行した


1388年5月、鴨緑江(アムノッカン)の威化島付近に達した征伐軍は、大雨による増水、食糧難、士気の低下を理由に撤退を要求するが、王禑は聞き入れなかった。


業を煮やした李成桂はついに独断で軍を引き返し、開京を占領して王禑を江華島に追放、崔瑩も配流後に処刑した

引用:韓国時代劇で学ぶ人物大辞典

豆知識②四不可論(サブルカロン)とは・・・李成桂が遼東征伐に反対し、軍を引き返した4つの理由
①小国である高麗が大国である明に逆らうのは良くない
②夏の農繁期に国民を軍に動員するのは良くない
③今、国を挙げて遠征をすると倭(日本)が隙をついて侵攻してくる
④夏のジメジメとした時期で、弓の接着に使うのりは溶けてしまうし、兵士たちの間に伝染病が広がる

ひろき

この理由を聞く限り、負け戦には参戦するな!っていう李成桂の気持ちが伝わってくるね。確かに納得しちゃうけどな。それでも、崔瑩は戦うことにしたんだね。

ゆき

そうね。それでも崔瑩は明の支配から鉄嶺以北の地やその地域の人々を守ろうとしたんだろうね。崔瑩が李成桂に捕まって処刑される直前に「私が生涯で一度でも私的な欲を抱いたのなら私の墓には草が生えるだろうが、そうでないのなら生えぬ」と言い残して、実際に草は生えなかったそうよ。

ひろき

死の直前にこの言葉が出てくる時点で、本当に高麗のために人生を賭けた、っていうことが分かるね。

ゆき

李成桂も後に、「崔瑩を殺したのは私の本心ではない」「本当の英雄こそ栄光栄華から遠い」という言葉を残し、崔瑩の罪を消し、諡(おくりな)として武愍を与えているの

ドラマでは

ゆき

崔瑩は高麗末期から朝鮮王朝建国にかけてを描いた様々なドラマに登場するんだけど、その中でも『シンイー信義ー』はドラマチックな英雄として描かれているわ。

ひろき

『シンイ』は現在と未来が交差するSF作品だよね。それに、今まで崔瑩といえばおじいちゃんのイメージだったから、若いイ・ミンホが演じるのにはびっくりしたな〜。史実に基づいた話を見てみたい時のオススメはある?

ゆき

そうね〜『龍の涙』かしら。李成桂からの進言に耳を傾けない堅物な崔瑩をキム・ソンオクが演じているわ。『六龍が飛ぶ』でチョン・グクファンが熱演している正義感が強く、なんとしても遼東征伐を実現させたい崔瑩にも注目ね!

崔瑩(チェヨン)の登場する主なドラマ作品

2021年4月現在の公開情報です。

2012年放送 大風水(役者名:ソン・ビョンホ)

大風水
引用:BSフジ

14世紀半ばの高麗末期。元の内政干渉と収奪に苦しむ中、最高の吉地である紫微垣局の出現を知らせるお告げがあった。書雲観の風水師モク・トンニュンは、苦労の末に紫微垣局の場所を発見するが、そこは50年後の大王のために準備された場所だった…。

引用:BSフジ

2012年放送 『シンイー信義ー』(役者名:イ・ミンホ)

引用:Amazon

1351年の高麗。武将のチェ・ヨンは伝説の神医を連れてくるよう命じられ、天の穴をくぐる。そこは現代のソウル。チェ・ヨンは整形外科医のウンスを強引に連れ出し、ウンスはやむなく高麗で暮らし始める。やがて権力争いに巻き込まれたウンスに危険が迫る。

引用:U-NEXT

\無料視聴するならU-NEXT/

2014年放送『鄭道傳<チョン・ドジョン>』(役者名:ソ・インソク)

引用:Amazon

チョン・ドジョンは単純な革命家ではなく、緻密な計画とビジョンを持って新しい文明を築いた設計者であり創造者であった。 朝鮮建国以後、「朝鮮經國典」や「経済文鑑」等を著し宰相政治を根幹とする中央集権的な官僚体系の基盤を確立する一方、漢陽(ハンヤン)遷都、私兵革罷のような改革を推進して新しい王朝の基礎を固めていく…。

引用:BS-TBS

2015年放送 『六龍が飛ぶ』(役者名:チョン・グクファン)

引用:HMV

高麗末期の14世紀。イ・バンウォンは父が悪徳官僚のイ・インギョムの圧力に屈した姿を見て失望する。そんな中、バンウォンは民を守るために人々を鼓舞するチョン・ドジョンの姿に感銘を受ける。6年後、世の理不尽を嘆くバンウォンは、彼の志を知り…。

引用:U-NEXT

\無料視聴するならdTV/

他の歴史上人物・関連記事をPICK UP‼︎