ファンジニ(黄真伊)実在した伝説の妓生|波瀾万丈な生涯を追う

この記事では、実在した伝説の妓生、ファンジニについてまとめています。

・ドラマでファンジニを知ったけど史実ではどうだったの?
・伝説の妓生ってどういうこと?
・ファンジニが残した作品を知りたい!

類稀なる美貌と才を武器に数々の男を虜にした伝説の妓生、ファンジニ。

朝鮮を代表する女流詩人としても後世に名を残している彼女の生涯とは一体どのようなものだったのでしょうか。

そこで今回は、「ファンジニ(黄真伊)実在した伝説の妓生|波瀾万丈な生涯を追う」と題しご紹介していきます。

ファンジニ(黄真伊)のプロフィール

引用:Amazon ハ・ジウォンが演じた黄真伊
名前黄真伊(ファン・ジニ)
生没年生没年不詳
職業妓生

ファンジニ(黄真伊)の生涯

ゆき

ファンジニの生い立ちや歩みについて見ていくわよ。

略年表

1506年頃松都(現在の開城)にて下級官吏の庶女として生まれたとされる。母は目が見えなかったとの説も。
1631年李徳泂(イドクム)の説話集『松都記異』で「色貌才芸は当代の絶妙、その歌も絶唱で、人呼んで仙女という」と賞賛される。
1873年徐有英(ソユヨン)の説話集『錦渓筆談』で王族出身の碧渓守(ピョッケス)とのやり取りが詳述されている。

史実では

絶世の美貌と類いまれな才能を持ち合わせた伝説の妓生。その生涯は謎に包まれているが、交友関係から中宗代の人物と考えられる。


生まれは開城、本名は真(チン)、妓名は名月(ミョンウォル)。最も古い記録では盲人の娘と紹介されているが、19世紀の文書では陳玄琴(チンヒョングム)と言う賤民の女性と黄進士(ファンジンサ)と呼ばれる両班の間に生まれたとされている


幼い頃に儒教の教典を読破し、詩、書芸、歌舞に優れた才能を発揮。15歳の時、近所の青年が黄真伊に一目惚れするが、黄真伊の母親に拒まれ、恋わずらいで死んでしまう。これをきっかけに黄真伊は平凡な女の人生を諦め、芸妓の道に身を投じる。


その名声はやがて都にまで知れ渡り、数々の文人、学者と交流。生き仏と呼ばれた知足禅師(チジョクソンサ)に10年間の面壁参禅修行を断念させたり、王族出身の風流人・碧渓守(ピョッケス)の鼻っ柱を折ったり、孤高の大学者・徐敬徳(ソギョンドク)を誘惑しようとして失敗し、逆に彼の学問と人柄に心服して弟子入りしたりと、数々の逸話を残す。


40歳前後で死去したと伝えられる。

引用:韓国時代劇で学ぶ人物大辞典

豆知識:ファンジニが王族出身の風流人・碧渓守(ピョッケス)をイチコロにした珠玉の詩
王族出身で高潔さを自慢とする碧渓守は「ファンジニに誘惑されてもなびかずに追い返す」と豪語していたの。ところが月明かりの下で彼女の詩を聞いた碧渓守は、聞き惚れて馬から落ちてしまったそうよ。それがこの詩よ。

 青き山の碧渓水よ/その流れを自慢するなかれ/ひとたび海に至れば帰ることかなわず/明月が山に満つれば/しばし憩われよ

明月(ミョンウォル=名月)はファンジニ、碧渓水(=清き水)は碧渓守を指していて、傲慢な碧渓守を皮肉しながらも誘惑した詩なの。「ファンジニを追い返す」と言っていた碧渓守は自らの発言を恥じたそうよ。

ドラマでは

ゆき

ファンジニの伝説を随所に散りばめた内容になっていて、史実にもあったファンジニに一目惚れした少年はチャン・グンソクが演じているわ。ドラマの中では青年ウノとして登場するの。

ひろき

あのグンちゃんが?!ってことは恋叶わずに死んじゃうんだね。

ゆき

そうなの。ウノが亡くなった後に棺にチマをかけるシーンがあるんだけど、これも実話だそうよ。

ひろき

へ〜そうなんだ。

ゆき

才能豊かなファンジニを演じるために、主演のハ・ジウォンは古典舞踊や楽器をマスターして撮影に臨んだんだって。

ひろき

すごい!!努力の賜物だね!

ファンジニ(黄真伊)の登場する主な作品

2021年5月現在の情報です。

2006年放送 ファン・ジニ(役者名:ハ・ジウォン)

引用:テレビ東京

両班(ヤンバン)の父と、妓生(キーセン)の母の間に生まれた少女・チニ。母は娘に自分と同じ道を歩ませたくないと、幼い娘を寺に預けた。しかし、母の反対を押し切って自ら妓生の世界へ足を踏み入れたチニは、次第に天性の舞踊の才能を開花させていく。

引用:U−NEXT

2007年上映 ファン・ジニ 映画版(役者名:ソン・ヘギョ)

引用:Amazon

貴族の娘として育てられたチニ(ファン・ジニ)は、15歳のとき出生の秘密を知り、自ら家を出て、妓生(キーセン)だった実母と同じ道を選ぶことを決意する。数年後、詩や絵画、琴や歌に秀で、その知性と気品の前に貴族たちですら一目置く稀代の名妓、明月(ミョンウォル)となったチニは、その誇りを失わない姿が広く貴族から平民にまで敬愛されるようになっていた。

引用:Amazon

他の記事をPICK UP