【朝鮮王朝16代】仁祖(イジョン)|朝鮮王朝最大の屈辱王

  • URLをコピーしました!

・朝鮮最大の屈辱を残したって何があったの?
・クーデターによって即位した仁祖の治世は?

なつき

こんな疑問に答えていくよ!

宮廷クーデターによって光海君を廃位して即位した仁祖。

しかし、後に彼は”朝鮮王朝最大の屈辱王”と言われるほどの汚点を残すことに…。

一体、彼の治世に何があったのでしょうか。

そこで今回は、「【朝鮮王朝16代】仁祖(イジョン)|朝鮮王朝最大の屈辱王」と題し、史実と照らし合わせながら詳しくご紹介していきます。

目次

仁祖(インジョ)/李倧(イ・ジョン)のプロフィール

イ・ジョン
李倧(イ・ジョン)
生没年1595年12月7日〜1649年6月17日
在位期間1623年〜1649年
親族父:定遠君(チョンウォングン)/元宗(ウォンジョン)
母:仁献王后
妻:仁烈王后(韓氏)、荘烈王后(慈懿大妃)、廃貴人趙氏、貴人張氏、他
息子:昭顕(ソヒョン)世子、第17代王・孝宗(ヒョジョン)、他

略年表

スクロールできます
1595年定遠君(14代王・宣祖の五男)の長男として誕生する。
1615年弟の綾昌君(ヌンチャングン)を殺され、反正(パンジョン)を計画する。
1623年仁祖反正を決行し、朝鮮王朝16代王となる。
1624年李适(イグァル)の乱が起こる。
1627年丁卯胡乱(チョンミョホラン)が勃発する。
1633年常平通宝(サンピョントンボ)を鋳造する。
1637年丙子胡乱(ピョンジャホラン)で清に降伏する。
1645年長男の昭顕世子が清から帰国するが、2ヶ月後に急死する。
1649年55歳で亡くなる。
引用:韓国時代劇で学ぶ人物事典

史実では

西人派(ソインパ)の支援により仁祖反正を起こして15代王の光海君を追放した綾昌君は、王に即位するが、彼の父は、14代王・宣祖の五男の定遠君だ。光海君の異腹の甥で嫡流ではない。


反正により北人派(プギンパ)の勢力は崩壊、政権は西人派に移る。


当時の中国では明が退潮し後金(清)が勃興していた。光海君は明と後金の中立外交で手腕を発揮したが、仁祖は親明排金政策で後金を敵視。


さらに論功行賞をめぐって李适の乱が勃発、首謀者の子らが後金に支援を求めたことで清に侵攻の口実を与え、2度にわたる侵攻(丁卯胡乱、丙子胡乱)を受ける


仁祖は南漢山城(ナマンサンソン)で籠城したが、1636年に三田渡(サムジョンド)で清の太祖(タイソウ)に屈辱的な降伏を余儀なくされる


莫大な賠償金を課せられたうえ、昭顕世子や鳳林大君(ポンニムテグン)ら王子が人質に捕らわれた。その間、王朝後期唯一の貨幣「常平通宝」を鋳造させたが、失墜した権威は回復しなかった


8年後、身柄を解放された昭顕世子が帰国したが、仁祖は清に融和的な昭顕世子を毛嫌いし、不仲に。世子が急死した4年後、55歳で死去。

韓国時代劇で学ぶ人物大辞典

分かりやすく解説

なつき

仁祖は、弟を亡き者にされた怨みから第15代王・光海君へのクーデターを決意して、同志とともに王の座から追放したの。そして自らが第16代王となったのよ。ここまでは良かったんだけどね…。

はると

ここまでは、ってどういうこと?

なつき

即位後は、一緒にクーデターを起こした同志に反乱を起こされたり、“辺境の蛮族”として蔑んでいた後金(のちの清)に国防をおろそかにしていたが為に攻め入られて、漢江のほとりで王自らが三跪九叩頭の礼(3回ひざまずいて9回頭を地面にこすりつける)で降参する羽目になったの。

はると

王様自らが?!それは屈辱的だっただろうね。

なつき

詰めが甘いというか、なんというか。そして清に降参して以降、朝鮮は清の属国となって、仁祖の長男・昭顕世子らを含む息子3人が人質となって清に送られたそうよ。

ドラマでは

なつき

光海君の代で安定してきた朝鮮が、仁祖の代には国民の半分以上が最下層の奴婢に転落する異常事態になっていたそうよ。こうした世情からこの時代を描いたドラマには支配者層を庶民の敵として成敗するものが多いの。

はると

そうだったんだ。なんかここまで散々な結果の王様だと可哀想になるね。

なつき

そうね。仁祖の時代には多くのイベントがあったからドラマに描かれることも多いわ。個人的には、清の皇帝への屈辱的な敗北を認めるシーンや「良い王になりたかった」と本音を吐露する場面がある『華政(ファジョン)』の憐れな仁祖が印象的だったわ。

仁祖(インジョ)/李倧(イ・ジョン)の豆知識

丙子胡乱の終戦講和条約となった“三田渡の盟約”

1937年1月30日、仁祖は漢江南岸の三田渡にある清軍陣営に出向き、清の皇帝の前に三跪九叩頭(さんききゅうこうとう)の礼で降伏しました。三田渡の盟約では、「清に対して君臣の礼をとる」「王子たちを人質として清に送る」「明との国交を絶つ」「明討伐の際に援軍を送る」「黄金百両、白金千両などを毎年上納する」という要求を突きつけられ、朝鮮は受け入れざるを得ませんでした。

清と朝鮮の君臣関係はこれ以降、1895年の日清戦争で清が敗北するまで続きました。

まさに、時の流れを読めないまま滅びゆく明に義理立てし、親明政策をとった仁祖が犯した最悪の失態でした。

昭顕世子は父親・仁祖に嫌われ、亡き者に?!

朝鮮が清に降伏したことで、弟2人とともに清に送られた昭顕世子。しかし、彼にとって清での生活は辛いものではなく、西洋の文化に触れられる刺激的な日々でした。

朝鮮に帰国後、清での生活を生き生きと話す姿に、清に対して恨みを抱いていた仁祖は憤慨。以降、昭顕世子は仁祖に冷遇されるようになりました。

そして、帰国からわずか2ヶ月で昭顕世子が急死したため、仁祖によって毒殺されたという噂が立ちました

仁祖(インジョ)/李倧(イ・ジョン)の登場する主な作品一覧

作品名(ドラマ)役者名
一枝梅~イルジメ〜(08)キム・チャンワン
推奴〜チュノ〜(10)キム・ガプス
馬医(12)ソヌ・ジェドク
花たちの戦い〜宮廷残酷史〜(13)イ・ドクファ
三銃士(14)キム・ミョンス
華政(15)キム・ジェウォン
天命の城(17)パク・ヘイル
目次
閉じる