【朝鮮王朝11代】中宗(イヨク)|激化する党争の間で揺れ動いた王

中宗(チュンジョン)/李懌(イ・ヨク)のプロフィール

イ・ヨク
姓名李懌(イ・ヨク)
生没年1488年4月16日〜1544年11月29日
親族父:第9代王・成宗
母:貞顕王后
妻:端敬王后(慎氏)、章敬王后(尹氏)、文定王后(尹氏) 、他
息子:第12代王・仁宗(インジョン)、第13代王・明宗(ミョンジョン)、他

略年表

1488年9代王・成宗と貞顕王后尹氏の間に生まれる。
1494年晋城大君(チンソンデグン)に冊封される。
1506年中宗反正により朝鮮第11代王として即位する。
1510年日本人居住区の三浦で反乱が起こる。
1515年趙光祖(チョ・グァンジョ)を登用する。
1519年己卯士禍(キミョサファ)で趙光祖が粛清される。
1524年重臣の金安老(キム・アルロ)が配流に処される。
1544年57歳で亡くなる。

豆知識①中宗反正(チュンジョンパンジョン)とは
10代王・燕山君の暴政に痺れを切らした臣下が、中宗の側近であった朴元宗(パク・ウォンジョン)らとともに燕山君を王座から引きずり下ろし、中宗を王へと担ぎ上げるために起こした宮廷内クーデター。ここで言う反正は「間違いを正す」という意味。

豆知識②己卯士禍(キミョサファ)とは
士林派のリーダー的存在であった趙光祖(チョ・グァンジョ)を中心とする急進的な若手官僚が、保守的な勲旧派からの反発によって失脚させられた事件。

分かりやすく解説

ゆき

イ・ヨクは、第9代王・成宗の次男で、第10代王・燕山君の腹違いの弟よ。宮廷クーデターによって燕山君が廃位されたことで、18歳で王の座に就くことになったの。即位後は、儒教の概念を「郷約(ヒャンヤク)」という規則にして全国の農民に広めたり、クーデターによって擁立された自身の王権の弱さを打開するために、燕山君によって弾圧された士林派(サリムパ)を引き入れて革新を図ったの。

ひろき

それで上手く行ったの?

ゆき

いいえ。勲旧派(フングパ)の反発にあって政局は混乱したの。それだけじゃなく、朝鮮半島南部に住んでいた日本人の交通を制限したことから反乱が起こったり、中国の先住民族”女真族”の侵入なんかもイ・ヨクを悩ませたそうよ。

ひろき

混乱の中を生き抜いた王だったんだね。

ゆき

38年2ヶ月と長きに渡って王位に就いていたけど、内外の勢力に振り回されて思うように功績が残せず「最も優柔不断な王」とも言われているの。55歳で長男の仁宗(インジョン)に譲位して、翌年に亡くなっているわ。

中宗(チュンジョン)/李懌(イ・ヨク)のドラマ作品

作品名(ドラマ)役者名
『宮廷女官 チャングムの誓い』イム・ホ
『女人天下』チェ・ジョンファン
『師任堂、色の日記』チェ・ジョンファン
『王朝の暁〜趙光祖伝〜』イ・ジヌ
『ファン・ジニ』パク・チャンファン
『天命』チェ・イルファ
『オクニョ 運命の女』キム・ボムレ
『七日の王妃』ヨン・ウジン

朝鮮王朝歴代王27人をPICKUP