【朝鮮王朝20代】景宗(イユン)|悪名高きチャン・ヒビンの息子

景宗(キョンジョン)/李昀(イ・ユン)のプロフィール

イ・ユン
姓名李昀(イ・ユン)
生没年1688年11月20日〜1724年10月11日
在位期間1720〜1724年
親族父:第19代王・粛宗
母: 禧嬪張氏
養母:仁顕王后
妻:端懿王后(沈氏)、 宣懿王后(魚氏)
弟:第21代王・英祖(ヨンジョ)、他

史実では

19代王・粛宗と側室・禧嬪張氏(張禧嬪)の長男。1690年に世子になるが、異母弟の延礽君(後の21代王・英祖)が誕生すると状況は一変。


景宗の即位後、反対勢力の老論派は、景宗に子がいないことで延礽君を後継者にするよう要求。代理聴政まで求めてきたために彼らを排除、政権は少論派へ移る


その直後に景宗が急死したため、朝廷では老論派による毒殺説が流れた

引用:韓国時代劇で学ぶ人物大辞典

わかりやすく解説

ゆき

長い間世継ぎに恵まれなかった粛宗はイ・ユンの誕生を大変喜んだそうよ。でも、母である禧嬪張(チャン・ヒビン)氏が粛宗の2番目の正室である仁顕王后を呪死にさせたことで、激怒した粛宗は禧嬪張を毒殺するよう命じたの。イ・ユンに対しても粛宗は冷たく当たったそうよ。

ひろき

禧嬪張ってあの悪女で有名な人だよね?

ゆき

そうよ。イ・ユンは母の死と、父に冷たく当たられるようになったことで次第に体調を崩していったの。元々病弱だったと言われているんだけど、世継ぎもなく在位わずか4年で急死してしまったそうよ。

ひろき

なんだか可哀想な王様だね…。

ゆき

『テバク〜運命の瞬間(とき)〜』でも不遇な若き王として登場するんだけど、その複雑な心情が丹念に描かれているわ。

景宗(キョンジョン)/李昀(イ・ユン)の登場する主な作品一覧

2021年4月現在の公開情報です。

2010年放送 トンイ(役者名:ユン・チャン)

トンイ
引用:Amazon

高官の連続殺害事件が起き、賤民の地下組織・剣契の首長が濡れ衣によって命を落とす。首長の娘・トンイは、父の汚名を晴らすために掌楽院(宮廷楽団)の下女として宮中に入る。6年後、ひょんなことから知り合った粛宗を王とは知らずに親しくなるが…。

引用:UーNEXT

\無料視聴するならU-NEXT/

2016年放送 テバク〜運命の瞬間(とき)〜(役者名:ヒョヌ)

テバク
引用:BS日テレ

賭博狂いのマングムの妻・ボクスンは、策略により第19代王・粛宗の側室となり、男児を出産。赤ん坊は死んだと偽ったボクスンは、我が子をマングムに託す。ケットンと名付けられた男児は朝鮮一の勝負師となるが、父の死後、自らの出生の秘密を知り…。

引用:UーNEXT

\無料視聴するならU-NEXT/

朝鮮王朝歴代王27人をPICKUP

【朝鮮王朝】他の歴史上人物・関連記事をPICK UP‼︎