キムユシン(金庾信)|善徳女王の右腕!三国統一へと導いた名将

この記事では、善徳女王の右腕として活躍し、三国統一へと導いたキムユシンについてまとめています。

・キムユシンってどんな人?
・どうやって三国統一に導いたの?
・キムユシンが登場するドラマについて知りたい!

ゆき

こんな声に答えていくよ!

善徳女王の右腕として活躍し、ドラマではピダムとの三角関係も描かれたキムユシン。

29代王・武烈王(ムヨルワン)とともに新羅を三国統一へと導いた名将の生涯とは一体どのようなものだったのでしょうか。

そこで今回は、「キムユシン(金庾信)|善徳女王の右腕!三国統一へと導いた名将」と題しご紹介していきます。

キムユシン(金庾信)のプロフィール

キムユシン
引用:BSフジ 『善徳女王』でオム・テウンが演じたキム・ユシン
名前金庾信(キム・ユシン)
生没年595〜673年
役職武臣

略年表

611年花郎の幹部「国仙」になる。
644年新羅27代・善徳女王の元で上将軍に就任する。
647年善徳女王の死後、28代・真徳女王を擁立する。ピダムの乱を鎮圧する。
654年真徳女王の死後、29代・武烈王を擁立する。
660年「黄山伐の戦い」で階伯(ケベク)将軍に勝利する。百済滅亡。
668年高句麗を滅ぼし三国統一を達成。太大角干に就任する。

国仙(クックソン)とは
花郎徒(ファランド)の指導者のことで、新羅滅亡までに200人ほどいたとされている。ちなみに、花郎徒は貴族から選抜された花郎(ファラン)一人と、彼に従う庶民出身の郎徒(ナンド)で構成されている。

黄山伐(ファンサンボル)の戦いとは
新羅が三国を統一する戦争の中で行われた、百済にとっての「最後の戦い」のこと。百済に侵攻したキム・ユシン率いる新羅軍に対し、百済の将軍階伯(ケベク)は10分の1の兵力で迎撃した。残された妻子への心配を断つため、自らの手であやめたのち出陣したとされている。

太大角干(テデガッカン)とは
それまでの新羅最高の官位・大角干(テカッカン)を上回る官位として三国統一に貢献したキム・ユシンのために新設された最上級官位。

史実では

『三国史記』で全50巻中、じつに3巻分が列伝に割かれている三国時代一の名将

金官伽耶(クムグァンカヤ)の首露王(スロワン)の12代子孫とも、古代中国の五帝に数えられる小昊(しょうこう)の末裔ともいわれる。


貴族の子弟で構成されたエリート集団「花郎」を率いて27代・善徳女王を補佐。その後28代・真徳女王を支え、29代・武烈王の覇業を助けた。


武烈王とは若い頃からの盟友であり、妹が武烈王に嫁ぎ、金庾信は姪にもあたる武烈王の娘を妻に迎えている。


新羅軍の総司令官として、百済を滅ぼし、白村江の戦いで倭軍も撃破。さらに高句麗を滅ぼし、三国統一の立役者となった。


甥にあたる30代・文武王(ムンムワン)は、最高官位の大角干より上の太大角干を新設して贈り、4代に仕えた功臣を讃えた。


その後、圧力を強める唐とも対峙し、673年に78歳で死去したという。

韓国時代劇で学ぶ人物大辞典

白村江(はくすきのえ)の戦いとは
白村江(現在の錦江河口付近)で行われた、日本・百済遺民の連合軍と、唐・新羅連合軍との戦争のこと。

ドラマでは

ゆき

『大王の夢』では金春秋(キム・チュンチュ)と三国統一を目指す2人の生涯が描かれていて、『淵蓋蘇文』や『階伯』では、新羅最高の武将として登場するわ。

ひろき

『善徳女王』ではピダムと女王との三角関係が描かれているよね!

ゆき

ドラマによってそれぞれ脚色されている部分もあるけど、常に主役級の存在感を放っていることは間違いないわね。

キムユシン(金庾信)の登場する主な作品

2021年6月現在の情報です

作品名役者名
大王の夢キム・ユソク
階伯(ケベク)パク・ソンウン
淵蓋蘇文(ヨンゲソムンム)ユン・スンウォン
善徳女王オム・テウン

その他の記事をPICK UP