【朝鮮王朝】歴代27人の王たちを総まとめ|王からドラマを読み解く

この記事では、朝鮮王朝歴代27人の王たちを初代から順番に解説しています。

・韓国時代劇ドラマをよく見るけど、何がなんだがさっぱり分からない
・毎回聞き覚えのある名前が出るけど、いまいち歴史が繋がらない

ドラマを純粋に楽しむ分には全くそんなことを気にしなくて良いですが、一歩踏み込んで歴史を学び深めると、ドラマの面白さがグッとアップします。

ひろき

今回の王は、あのドラマと繋がりあったんだ!!

ひろき

あの王がお人好し過ぎたから、今の時代が大変なんだ・・・。

1つ1つのシーンが繋がることで、何度見ても違う面白さが生まれる。それが、韓国時代劇ドラマです。

ぜひ、朝鮮王朝27人の王たちを知り、”王の目線”でドラマを楽しんでみてください。

この記事で分かること
・歴代王27人の各プロフィールと出来事
・【朝鮮王朝】歴代王の家系図

【朝鮮王朝】歴代27人の王たちを総まとめ

【朝鮮王朝・前期】歴代王初代〜13代をPICK UP

ゆき

1392年、武将・李成桂(イ・ソンゲ)が高麗から政権を奪い朝鮮王朝を樹立したんだ。時代劇の名監督であるイ・ビョンフンが手がけた「朝鮮王朝五百年」をはじめ数多くの作品が描かれてきた時代の幕開け。

王朝は第4代・世宗(セジョン)の時代に前期の最盛期を迎えたんだけど、次第に日本や中国からの侵略で大打撃を受けてしまうことになったんだよね。

①太祖(テジョ)/李成桂(イ・ソンゲ)

②定宗(チョンジョン)/李芳果(イ・バングァ)

③太宗(テジョン)/李芳遠(イ・バンウォン)

④世宗(セジョン)/李祹(イ・ド)

⑤文宗(ムンジョン)李珦(イ・ヒャン)

⑥端宗(タンジョン)/李弘暐(イ・ホンウィ)

⑦世祖(セジョ)李瑈(イ・ユ)

⑧睿宗(イェジョン)/李晄(イ・ファン)

⑨成宗(ソンジョン)/李娎(イ・ヒョル)

⑩燕山君(ヨンサングン)/李㦕(イ・ユン)

⑪中宗(チュンジュン)/李懌(イヨク)

⑫仁宗(インジョン)/李峼(イ・ホ)

⑬明宗(ミョンジョン)/李峘(イ・ファン)

【朝鮮王朝・後期】歴代王14〜27代をPICK UP

ゆき

保守勢力・勲旧派(フングバ)による新興官僚・士林派(サリムパ)への弾圧など闘争が続いて、第14代・宣祖(ソンジョ)の時代に士林派が政権を握ったんだよ。

18世紀には王朝後期の絶頂期を迎え、この時代を象徴したが「イ・サン」に登場する英祖(ヨンジョ)と正祖(チョンジョ)だったね。

でもその後は外戚が王権を握るようになって国は衰退していき、列強の覇権争いに巻き込まれていくんだよ。

⑭宣祖(ソンジョ)/李昖(イ・ヨン)

⑮光海君(クァンヘグン)/李琿(イ・ホン)

⑯仁祖(インジョ)/李倧(イ・ジョン)

⑰孝宗(ヒョジョン)/李淏(イ・ホ)

⑱顕宗(ヒョンジョン)/李棩(イ・ヨン)

⑲粛宗(スクチョン)/李焞(イスン)

⑳景宗(キョンジョン)/李昀(イ・ユン)

㉑英祖(ヨンジョ)/李昑(イ・グム)

㉒正祖(チョンジョ)/李祘(イ・サン)

㉓純祖(スンジョ)/李玜(イ・ゴン)

㉔憲宗(ホンジョン)/李烉(イ・ファン)

㉕哲宗(チョルチョン)/李昪(イ・ビョン)

㉖高宗(コジョン)/李㷩(イ・フィ)

㉗純宗(スンジョン)/李坧(イ・チョク)

【朝鮮王朝】歴代王の家系図

1392年、太祖(テジョ)/李成桂(イ・ソンゲ)によって建てられた朝鮮王朝。

そんな朝鮮の頂点に君臨した王27人の家系図を見ていきましょう。

無断転載禁止