思悼世子(サドセジャ)|米びつの中で非業の死を遂げた悲劇の世継ぎ

この記事では、米びつの中で非業の死を遂げた、朝鮮王朝を代表する悲劇の世継ぎ思悼世子についてまとめています。

・思悼世子は誰の世継ぎだったの?
・米びつの中で死を遂げたってどう言うこと?なんで?
・思悼世子が登場する作品は?

ゆき

こんな疑問に答えていくよ!

生後1年で世子に指名され、10歳で婚姻した思悼世子。

王になるまでの道を順調に歩んでいたかのように見えた彼が、米びつで悲運の死を遂げることになった裏には一体何があったのでしょうか?

そこで今回は、「思悼世子(サドセジャ)|米びつの中で非業の死を遂げた悲劇の世継ぎ」と題し、ご紹介していきます。

この記事で分かること
・思悼世子のプロフィール
・思悼世子の生涯ストーリー
・思悼世子が登場する作品一覧

思悼世子(サドセジャ)のプロフィール

ウ・スンウ画伯が想像して描いた思悼世子
姓名本名:李愃(イ・ソン)、封号:思悼世子(サドセジャ)、別号:荘献世子(チャンホンセジャ)
生没年1735年2月13日〜1762年7月12日
第21代王・英祖
恵慶宮・洪氏
息子第22代王・正祖
ゆき

思悼世子が生まれ育った時代は、英祖による党派を超えた人事登用策が功をなして朝廷はうまく機能していたんだけど、水面下では老論(ノロン)と少論(ソロン)が暗闘を繰り広げていたの。

ゆき

そんな中、「世子がこのまま王になったらこの闘争に巻き込まれかねない」と心配した英祖が、自身の体調がすぐれないことを理由に世子に代理聴政を命じたんだって。

ひろき

王になる前にある程度の対応力と免疫をつけさせてあげたかったんだね。

ゆき

でも、国政に関わるようになった世子は次第に、父である英祖の施策に疑問や不満をを持つようになったの。

ひろき

次期王としての自覚が芽生え始めたんだね。ここまでなら、世代交代の局面でよく起こりそうなことなんだけど…。どうしてお父さんに米びつに閉じ込められるようになるまで関係が悪化しちゃったの?

ゆき

この2人の些細な溝に英祖の継妃・貞純(チョンスン)王后がつけ込んだからよ。老論派だった貞純王后は少論派寄りだった世子がいる限り老論の政治的立場が危うくなると考えて、世子の行いを歪めて英祖に吹き込んだの。

ひろき

あらららら。それでどんどん世子に対する不信感が増したってわけだね。

ゆき

ええ。英祖に叱責されて怯えた世子は一種の躁うつ病を患って奇行を繰り返すようになってしまったの。そこに、さらに老論派の尹汲(ユングプ)の奴婢だった羅景彦(ナギョンオン)が世子の10項目にわたる非行を英祖に伝えたの。

ひろき

追い討ちをかけたんだね。

ゆき

それで、激怒した英祖は世子を廃位にして米びつに閉じ込めてしまったの。8日後に世子は餓死したわ。怒りに任せて世子にひどいことをしてしっまたと、英祖は生涯後悔したそうよ。

ひろき

そうだよね。自分の子を自分の判断で帰らぬ人にしてしまったんだもんね。

思悼世子(サドセジャ)が登場する作品一覧

ドラマ名役者名
天よ、天よチョン・ボソク
朝鮮王朝五百年 閑中録チェ・スジョン
王道
大王の道イム・ホ
商道
イ・サンイ・チャンフン
正祖暗殺ミステリー8日チョ・ハンジュン
風の絵師キム・ウォンソク
トキメキ☆成均館スキャンダル
ペク・ドンスオ・マンソク
秘密の扉イ・ジェフン
赤い月キム・デミョン
仮面の王 イ・ソンユ・スンホ
映画名
永遠なる帝国
美人図
王の涙ーイ・サンの決断ーキム・ジュンファン
王の運命ー歴史を変えた八日間ーユ・アイン

思悼世子の呼称は、ドラマ「イ・サン」の人気で定着した?!
世子の死を悔いた英祖が「思えば思うほど悲しくなる」と言う意味の「思悼世子」という諡号(しごう:個人の生前の徳や行いを讃えて死後に贈る名前)を与えていたが、思悼世子の息子:正祖は即位後、父の名誉を回復し、名君を意味する「荘献世子(チャンホンセジャ)」というおくりなに改めていた。1899年には、「荘祖(チャンジョ)」として追尊されたが、ドラマの影響で最近では思悼世子の呼び名が一般的となった。

【朝鮮王朝】他の歴史上人物・関連記事をPICK UP‼︎