【新羅王】歴代56人を総まとめ!系図やドラマ、日本人との関係も!

この記事では、新羅王歴代56人をまとめ、ピックアップ形式で注目の王を紹介しています。

・『花郎<ファラン>』に出ていた王様が気になる!
・日本人との関係って?!
・抑えておくべき王様について簡潔に知りたい!

三国時代の中でも最多の王を誇る新羅。そんな新羅には『花郎<ファラン>』や『善徳女王』でも描かれた注目の王がたくさんいます。

「56人も王がいると、歴史の移り変わりも激しく頭の中が混乱してしまう」という人も必見!注目の王にスポットライトを当てた紹介で効率的に分かりやすく歴史の繋がりを知ることができます!

王から時代を読み解くことで、時代劇の面白さがアップすること間違いなし!

この記事で分かること
・歴代王の順番と名前、在位期間
・主要王の時代背景
・系図や登場作品
・日本人との関係

ゆき

それではスタート!

新羅歴代王56人を総まとめ

王位名前在位期間
新羅初代王赫居世(ヒョッコセ)紀元前57〜4年
新羅2代王南解(ナメ)4〜24年
新羅3代王儒理(ユリ) 24〜57年
新羅4代王脱解(タレ) 57〜80年
新羅5代王婆娑(パサ) 80〜112年
新羅6代王祗摩(チマ)112〜134年
新羅7代王逸聖(イルソン)134〜154年
新羅8代王阿逹羅(アダラ)154〜184年
新羅9代王伐休(ポリュ)184〜196年
新羅10代王奈解(ナヘ)196〜230年
新羅11代王助賁(チョブン)230〜247年
新羅12代王沾解(チョメ)247〜261年
新羅13代王味鄒(ミジュ)261〜284年
新羅14代王儒礼(ユレ)284〜298年
新羅15代王基臨(キリム)298〜310年
新羅16代王訖解(フレ)310〜356年
新羅17代王奈勿(ネムル)356〜402年
新羅18代王実聖(シルソン)402〜417年
新羅19代王訥祗(ヌルジ)417〜458年
新羅20代王慈悲(チャビ)458〜479年
新羅21代王炤知(ソジ)479〜500年
新羅22代王智証王(チジュンワン)500〜514年
新羅23代王法興王(ポップンワン)514〜540年
新羅24代王真興王(チヌンワン)540〜576年
新羅25代王真智王(チンジワン)576〜579年
新羅26代王真平王(チンピョンワン)579〜632年
新羅27代王善徳女王(ソンドクヨワン)632〜647年
新羅28代王真徳女王(チンドクヨワン)647〜654年
新羅29代王武烈王(ムヨルワン)654〜661年
新羅30代王文武王(ムンムワン)661〜681年
新羅31代王神文王(シンムンワン)681〜692年
新羅32代王孝昭王(ヒョソワン)692〜702年
新羅33代王聖徳王(ソンドクワン)702〜737年
新羅34代王孝成王(ヒョソンワン)737〜742年
新羅35代王景徳王(キョンドクワン)742〜765年
新羅36代王恵恭王(ヘゴンワン)765〜780年
新羅37代王宣徳王(ソンドクワン)780〜785年
新羅38代王元聖王(ウォンソンワン)785〜798年
新羅39代王昭聖王(ソソンワン)798〜800年
新羅40代王哀荘王(エジャンワン)800〜809年
新羅41代王憲徳王(ホンドクワン)809〜826年
新羅42代王興徳王(フンドクワン)826〜836年
新羅43代王僖康王(ヒガンワン)836〜838年
新羅44代王閔哀王(ミンエワン)838〜839年
新羅45代王神武王(シンムワン)839年
新羅46代王文聖王(ムンソンワン)839〜857年
新羅47代王憲安王(ホナンワン)857〜861年
新羅48代王景文王(キョンムンワン)861〜875年
新羅49代王憲康王(ホンガンワン)875〜886年
新羅50代王定康王(チョンガンワン)886〜887年
新羅51代王真聖女王(チンソンヨワン)887〜897年
新羅52代王孝恭王(ヒョゴンワン)897〜912年
新羅53代王神徳王(シンドクワン)912〜917年
新羅54代王景明王(キョンミョンワン)917〜924年
新羅55代王景哀王(キョンエワン)924〜927年
新羅56代王敬順王(キョンスンワン)927〜935年
新羅歴代王一覧

【新羅】注目の歴代王をPICK UP

新羅2代王・南解(ナメ) 在位期間:4〜24年

弱小の斯盧(サロ)国を民の協力を得て堅持

生没年:生年不詳〜24年
主な登場作品:『鉄の王 キム・スロ』

新羅の前身である辰韓斯盧(チナンサロ)国の2代王。本名は朴南解(パク・ナメ)で、父の死後、王位に就きました。父で開祖の赫居世は卵から生まれた伝説を持っていますが、当時の斯盧国は伽耶(カヤ)諸国や楽浪郡(ナンナングン)よりも小さな勢力で、倭国からの襲撃も受けたといいます。新羅王はシャーマン的役割を担っていて、楽浪から攻撃を受けた時、南解は自分の不徳を嘆きましたが、群臣はむしろ敵の卑劣さを糾弾して士気を上げました。また、娘の阿孝夫人(アヒョプイン)を後の新羅4代王・昔脱解(ソク・タレ)に嫁がせました

新羅4代王・脱解(タレ) 在位期間:57〜80年

卵から生まれた昔氏(ソクシ)新羅の開祖

生没年:生年不詳〜80年
主な登場作品:『鉄の王 キム・スロ』

新羅は開祖の朴氏、続く昔氏、そして金氏が代々交代で王位に就きました。新羅4代王の脱解は、昔氏新羅の開祖で卵生神話が残っています。若くして識見豊かで、評判を聞きつけた新羅2代王・南解から大臣に取り立てられ、南解の娘・阿孝夫人(アヒョプイン)をめとりました。南解が亡くなると王位を譲られそうになりましたが、固辞して義兄である儒理(ユリ)を推戴しました。その後、儒理が亡くなると遺言に従って王となりました。

新羅24代王・真興王(チヌンワン) 在位期間:540〜576年

花郎(ファラン)を率い伽耶を滅ぼした王

生没年:534〜576年
主な登場作品:『花郎<ファラン>』『善徳女王』

新羅の王位は、17代・奈勿尼師今(ネムルイサグム)の時から金氏が独占し、22代・智証王(チジュンワン)の時に国名を新羅と定め、以降王の称号を使うようになりました。24代・真興王は、23代・法興王(ポップンワン)の甥にあたり、貴族の子弟を中心とした部隊・花郎(ファラン)を新設し、積極的な外征を行い領土を拡大しました。百済の聖王(ソンワン)を戦死に追いやり伽耶を滅ぼします。これにより、朝鮮半島に残る国は、高句麗・百済・新羅の三強のみとなりました。

新羅25代王・真智王(チンジワン) 在位期間:576〜579年

治世3年で死去、国人により廃位された王?!

生没年:生年不詳〜579年
主な登場作品:『善徳女王』

新羅24代・真興王の次男で、長男の兄が逝去していたため25代王となりました。577年に百済の侵攻を受けますが、撃退して3千人以上の捕虜を得ました。しかし、即位後3年で死去し、王位は甥にあたる真平王(チンピョンワン)が継ぎました。真智王には龍樹(ヨンス)、龍春(ヨンチュン)という息子がいましたが、甥が王位継承したことから様々な憶測を呼んでいます。『三国遺事』では国人により廃位されたとあります。

新羅26代王・真平王(チンピョンワン) 在位期間:579〜632年

53年の治世で王権を強化し国力を高める

生没年:生年不詳〜632年
主な登場作品:『善徳女王』『薯童謠(ソドンヨ)』

ドラマによって描かれ方の変わる新羅26代王。579年の即位から死去まで、在位期間が53年と歴代最長を誇ります。中央官庁を設置して分業化することで権限を中央に集約し、王権を強化しました。娘は27代・善徳女王、外孫が29代・武烈王(ムヨルワン)となっています。外交面では高句麗、百済と敵対しましたが、中国の隋に朝貢して高句麗討伐を示唆します。隋の後は唐と結び、僧侶を派遣するなど仏教の普及にも努めました。

新羅27代王・善徳女王(ソンドクヨワン) 在位期間:632〜647年

新羅28代王・真徳女王(チンドクヨワン) 在位期間:647〜654年

立場を守りながら親唐路線を貫いた女王

生没年:生年不詳〜654年
主な登場作品:『大王の夢』『三国記ー三国時代の英雄たちー』

新羅28代女王で、聖骨(ソンゴル:両親ともに王族直系)の最後の王です。本名は金勝曼(キム・スンマン)と言い、『旧唐書』では27代・善徳女王の妹とされていますが、『三国史記』などでは24代・真興王の姪とされています。女王廃位を求める唐の要求を断るため新女王に立てられました。しかし、高句麗・百済に対抗するには唐の援助が必要不可欠なため、女王の立場は維持しつつ親唐路線を貫きました。衣冠礼服や官位制度、年号などを唐のものに変更するなどのアピールを続けた結果、見事唐の援助を取り付けました。

新羅29代王・武烈王(ムヨルワン) 在位期間:654〜661年

新羅30代王・文武王(ムンムワン) 在位期間:661〜681年

キム・ユシンの協力を得て三国統一を果たす

生没年:626〜681年
主な登場作品:『大王の夢』『三国記ー三国時代の英雄たちー』

新羅29代・武烈王の長男で、母は金庾信(キム・ユシン)の妹の文明夫人(ムンミョンプイン)。即位前から唐へ使者として派遣されるなど活躍していました。即位後は、叔父でもある金庾信の補佐を受けて百済に続き高句麗を滅ぼし、倭国の軍勢も撃退し、父の代より続く三国統一の夢を果たしました。統一後、同盟関係にあった唐と旧高句麗・百済領の支配権をめぐり対立します。新羅と唐の戦いとなりましたが、旧高句麗・百済の遺民を取り込むことで優勢を保ち、唐軍を朝鮮半島から撤退させました。

新羅47代王・憲安王(ホナンワン) 在位期間:857〜861年

衰退する新羅の建て直しを婿に任せた王

生没年:生年不詳〜861年
主な登場作品:『太祖王建(ワンゴン)』

新羅45代・神武王(シンムワン)の弟で、甥の46代・文聖王(ムンソンワン)を補佐していましたが、当時の新羅は王権が弱まり地方貴族の反乱が頻発していました。文聖王が死去すると後を託されて47代王に即位しますが、天候不順による災害が続き、民は困窮。王は堤防の修復や食糧支援などの対応に追われました。860年に行われた群臣との宴席で、王族の金膺廉(キム・ウンニョム)の徳の高さを見抜き、娘を嫁がせて後継者に指名しました。その翌年に病死し、遺言により金膺廉が48代・景文王となりました。

新羅48代王・景文王(キョンムンワン) 在位期間:861〜875年

前王の娘をめとり、新羅の王権建て直しを目指す

生没年:生年不詳〜875年
主な登場作品:『太祖王建(ワンゴン)』

新羅43代・僖康王(ヒガンワン)の孫で、47代・憲安王の長女・寧花夫人(ヨンファプイン)を妻に迎え48代王に即位しました。この婚姻に際して、あえて美人ではない姉を選んで前王に気に入られ、即位後に美人の妹を妃に迎えたとの逸話が残っています。疫病や地方反乱の鎮圧などに追われましたが、唐と活発に交流して国力の回復に努めました。『三国史記』では後高句麗を建てた弓裔(クンイェ)の父を、憲安王か景文王としていて、ドラマ『太祖王建』では景文王説を採用しています。

新羅51代王・真聖女王(チンソンヨワン) 在位期間:887〜897年

愛人を重用し国を傾かせた新羅3人目の女王

生没年:生年不詳〜897年
主な登場作品:『太祖王建(ワンゴン)』

新羅48代・景文王の娘で51代王。兄の49代・憲康王(ホンガンワン)、50代・定康王(チョンガンワン)の死去により、27代・善徳女王、28代・真徳女王以来、新羅3人目の女王として立てられました。しかし、即位前から愛人関係にあった金魏弘(キム・ウィホン)を重用し、死後も恵成大王(ヘソンテワン)と号を贈るなど勝手な振る舞いが多く、その後も贅沢と情欲に溺れました。このため新羅の王権は失墜し地方反乱が相次ぎ、後三国時代の到来を招きました。

後三国時代とは?
弱体化していた新羅の中で内部分裂が起こり、892年に農民の甄萱(キョンホン)が挙兵し、新羅王族の弓裔(クンイェ)が泰封(テボン:後高句麗)を建国します。918年には、建王(ワンゴン)が弓裔を滅ぼし、自らを王とした高麗を建国しました。935年には新羅を併合し、936年には後百済を滅ぼし、高麗は半島の再統一を成し遂げます。要するに後三国時代とは、弱体化した新羅が分裂してから、王建が朝鮮半島を再統一するまでの期間を指しています(892〜936年)

新羅52代王・孝恭王(ヒョゴンワン) 在位期間:897〜912年

後三国時代最弱となった金氏新羅最後の王

生没年:生年不詳〜912年
主な登場作品:『太祖王建(ワンゴン)』

新羅49代・憲康王(ホンガンワン)の庶子で、生まれた直後に父が亡くなり、叔父の50代・定康王(チョンガンワン)に育てられました。897年に叔母にあたる51代・真聖女王の譲位を受けて52代王となるも、新羅の秩序は緩みきっていました。900年に甄萱(キョンホン)が後百済を自称すると、翌年には王族の弓裔(クンイェ)が後高句麗の王を自称しました。新羅の勢力は大きく削がれましたが、孝恭王は打開策もないまま酒色に溺れ、没しました。孝恭王には子がいなかったため、17代・奈勿尼師今(ネムルイサグム)より510年続いた金氏新羅の王統は途絶えることになりました

新羅55代王・景哀王(キョンエワン) 在位期間:924〜927年

高麗の支援を受けるも、後百済に捕らえられ自ら命を落とした王

生没年:生年不詳〜927年
主な登場作品:『太祖王建(ワンゴン)』

新羅では52代・孝恭王に子がなく、金氏王統が途絶えたことから、新羅初代の朴氏系統である8代・阿逹羅(アダラ)の23代子孫を49代・憲康王(ホンガンワン)の娘の婿に迎えて53代・神徳王(シンドクワン)としました。55代王となった景哀王は神徳王の次男で、兄の54代・景明王(キョンミョンワン)の後を継いで即位しました。後高句麗の弓裔(クンイェ)を追放して高麗を建てた王建(ワンゴン)の支援を受け、新羅の勢力回復を目指しましたが、宴会中に後百済の甄萱(キョンホン)に首都を襲撃され、捕らえられ自ら命を落としました。『太祖王建』でもこの経緯が描かれています。

新羅56代王・敬順王(キョンスンワン) 在位期間:927〜935年

高麗に国を譲り生きながらえた新羅最後の王

生没年:生年不詳〜978年
主な登場作品:『太祖王建(ワンゴン)』

新羅46代・文聖王(ムンソンワン)の6代子孫で、金氏新羅の傍流。55代・景哀王に命を落とさせた後百済の甄萱(キョンフォン)によって56代王に担ぎ上げられました。王とは名ばかりで日に日に衰退する新羅の現状を憂い、935年に高麗の王建(ワンゴン)に降伏し、新羅最後の王となりました。降伏後は王建の娘をめとり、慶州に領地を与えられ太子(テジャ)より上席に置かれるなどの厚遇を受け、余生を過ごしました。娘が高麗5代・景宗(キョンジョン)の皇后となっています。一方で長男の麻衣太子(マウィテジャ)は降伏に反対し、金剛山(クムガンサン)に隠れて生涯を終えました。

新羅歴代王の系図

※準備中

新羅と日本人との関係

ひろき

新羅と日本との関係?互いに攻めたり攻められたりとかじゃなくて?

ゆき

実は、「新羅は日本人が統治する国だった」っていう説があるの。あくまでも定説じゃないから、そんな説もあるんだ〜程度に聞いてね。

ひろき

うんうん。そういう歴史の裏話大好き!

ゆき

『三国史記』には「脱解王はもと多婆那(たばな)国の出身で、その国は倭国の東北一千里のところにある」って記されているの。多婆那国っていうのが、現在の福岡県田川市のことだそうよ。

ひろき

ええ!福岡出身の王様だったの?福岡からどうやって新羅にたどり着いて、王様になったの?

ゆき

4代王・脱解には卵生神話があるでしょ?なんでも、多婆那国の王妃が妊娠から7年も経って産んだのがこの卵で、「人が卵を産むなんて」と不吉に思った王が海に捨てさせたんだって。

ゆき

半島の海岸に打ち上げられた脱解は、老婆に発見され育てられるの。成長するにつれて秀でた風貌と見識を発揮して、その噂を耳にした2代王・南解(ナメ)の婿となり4代目に就いたっていう話よ。

ひろき

そんなことが…!この話が本当だとしたら脱解は日本人…。

ゆき

ちなみに、建国者の赫居世に仕えた重臣の瓠公(ここう)も日本人だったと言われているわ。

ひろき

建国者の重臣って、新羅建国に大きく影響してるってこと?!!

ゆき

そう考えてもおかしくないわよね。新羅と日本人との関係は思ったよりも深いのかもしれないわ。