ヤンニョンテグン(譲寧大君)自由奔放でスキャンダル多数の問題児

この記事では、3代王・太宗の長男として誕生したヤンニョンテグンについてまとめています。

・ヤンニョンテグンって色々なドラマに出てくるよね!詳しく知りたいな
・なぜ問題児と呼ばれているの?
・どんな生涯を送ったの?

ゆき

こんな疑問に答えていくよ!

3代王・太宗の長男として誕生し、次期王として期待して育てられたヤンニョンテグン。

そんな周囲の期待とは裏腹に、自由奔放な問題児へと成長した彼はついに世子の資格を剥奪されてしまう…。

王になることよりも、自由に好きなことをしながら生きることを選んだヤンニョンテグンの生涯とは一体どのようなものだったのでしょうか。

そこで今回は、「ヤンニョンテグン(譲寧大君)自由奔放でスキャンダル多数の問題児」と題しご紹介していきます。

ヤンニョンテグン(譲寧大君)のプロフィール

引用: BSテレ東 ソン・ビョンホが演じたヤンアン大君(譲寧大君がモデル)
名前/本名譲寧大君(ヤンニョンテグン)/李褆(イ・ジェ)
生没年1394〜1462年
3代王・太宗
4代王・世宗

略年表

1394年3代王・太宗と元敬王后閔氏の間に生まれる。
1404年11歳で世子に冊封される。
1407年金漢老(キム・ハンノ)の娘と結婚する。
1417年重臣の側女の於里(オリ)を妊娠させた事実が発覚する。
1418年25歳で廃世子となり、弟の忠寧大君(後の世宗)が世子になる。
1462年69歳で亡くなる。

史実では

3代王・太宗の長男として誕生。正統な王位継承を誰よりも望む太宗の期待を背負って成長したが、幼い頃から自由奔放で学問に興味を示さず、狩りや弓矢を好んだ。


当初はそんな譲寧大君を頼もしく思っていた太宗だが、成長するにつれ問題が表面化。学問を怠け、妓生を宮殿に引き入れて遊びほうけた。


そのたび、太宗は更生を試みたが効果なく、ついに1418年、世子を廃位され、弟の忠寧大君(後の世宗)が世子に冊封される


廃世子になったあとも行状は変わらず、しばしば弾劾されたが、世宗の配慮によって罰せられることなく風流を楽しみながら余生を送った。


世祖が端宗を排除して王位に就く時は、王族の長老として先頭に立ってこれを支持。


譲寧大君の奇行については「優秀な弟に王位を譲るため、わざとやった」との説もあったが、近年は本当に問題人物だったという見方が優勢だ

韓国時代劇で学ぶ人物大辞典

ドラマでは

ゆき

『不滅の恋人』では譲寧大君をモデルにしたヤンアン大君というキャラクターで登場するわ。

ひろき

あの人か!

ゆき

『王と妃』では自分の代わりに王位に就いた世宗や文宗、端宗を恨んで、甥の世祖の即位を後押しする厄介な長老として描かれているわ。

ひろき

そうなんだ。実際に譲寧大君が王様になりたかったかどうかは謎だけど、弟の世宗が王様になったことでハングルが生まれたり、朝鮮の黄金期って呼ばれるほど後世に偉業を残せたわけだから結果として良かったのかな。

ゆき

そうね。譲寧大君が王様になっていたらどうなっていたのかしらね。

ひろき

タラレバになるけど、歴史からこういうことを考えるのって面白いよね!

ヤンニョンテグン(譲寧大君)が登場する作品一覧

作品名役者名
龍の涙イ・ミヌ
王と妃シン・グ
大王世宗パク・サンミン
インス大妃パク・ウン
不滅の恋人ソン・ビョンホ

その他の重要人物をPICK UP